貯水槽清掃、給水ポンプユニット点検

貯水槽(受水槽・給水ユニット)の保守点検・清掃など、弊社が携わってる業務のご紹介です。

日本はそれほど深刻な水不足に悩まされる気象ではありませんが、だからこそ衛生的な水が絶え間なく供給されて当たり前といった感覚です。その影に、様々な人と機械が活躍しています。

貯水槽の清掃・保守点検

貯水槽は、1年に一度以上の清掃・点検が必要です。槽内に持ち込む工具や長靴はその都度消毒し、手袋やカッパは使い捨てのものを用います。高圧洗浄機でサビや水垢、目に見えない汚れも落とし、仕上げは塩素で槽内を消毒します。また弊社では槽内の酸素濃度の測定等、現場での事故防止にも最善を尽くしています。

>>貯水槽清掃事例

貯水槽の清掃・保守点検

給水ポンプ・ユニット点検

各機器の作動値を測定し、動作が正常かどうかを確認します。この工程が、機器の消耗や破損などの早期発見に繋がり、結果、迅速な対応を可能にして一大事を未然に防ぐことができるのです。

給水ポンプ・ユニット等機器類点検

給水ポンプのオーバーホール

全体交換は不要と判断された機器は、修理で対応します。常にお客様の給水ユニットの状態を把握し、適正な内容の修理が行えるよう努めています。

給水ポンプのオーバーホール

定水位弁の調整

貯水槽に水を貯める際、重要な役割を果たしている定水位弁。
型式や水量に注意し、適正な調整・交換を実施します。
>>定水位弁とは

定水位弁の調整

お問い合わせ先

貯水槽、給水ポンプ等、給水設備保守点検に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。