給水ポンプオーバーホール

給水ポンプはオーバーホールを実施することで延命効果を得る事ができます。

給水ポンプ作業前

設置後8年
各部に劣化が出始めたので、全体のオーバーホールを実施します。

各種センサーの交換

ポンプを撤去します。

モーター部分、羽根車部分、ケース部分に分解中

ポンプ本体を分解して、内部部品の交換・点検を行います。

モーター部分、羽根車部分、ケーシングにそれぞれ分解中。

交換部品

交換部品
・メカニカルシール
・ベアリング
・ゴムパッキン

基盤部分

基盤部分
ポンプの頭脳にあたる大切な部品です。
必要があれば交換をします。

基盤部分

試運転状況
水漏れや異音の確認、電流値の測定等を行います。

オーバーホールは給水ポンプの寿命を伸ばす効果があります。
種類にもよりますが、使用開始から5~10年経つものは一度
オーバーホールの検討をおすすめ致します。